東洋医学について

東洋医学について

古典から学び現代に活かす

東洋医学と西洋医学を併せた統合医療

東洋医学の歴史は古く、中国の漢代の頃にはそれまでの経験に基づいた医学が集約され、原典と呼ばれる書が確立されました。
東洋の森の鍼灸では古典から学び現代に活かすことで正統な東洋医学の伝承を研究してまいりました。
西洋医学は病巣・患部や細胞を治療する医学。東洋医学は体の不調和を整え、正常な体に立て直す医学です。救命救急や外科手術では西洋医学に勝る医学はありません。しかし、慢性病や病中、病後の療養に対して東洋医学が効果を発揮します。東洋の森では東洋医学と西洋医学を併せた統合医療を推進いたします。

もぐさ
鍼
診察・施術個室

いち早く体のサインを見つけて治します

体は病気になる前の数年前から様々な体のサインが出ております。これらのサインは発病するまでなかなか検査では発見できません。「その為、あんなに元気な方がどうして病気になったの?」と言った事態に陥ります。
東洋の森では、脈の状態(脈診)・舌の状態(舌診)・腹部の状態(腹診)を通じて体のサインを見つけます。そして、不調和を鍼灸治療により正常な状態に導き病になる前に治すこと(未病)が可能です。

ご病身の方でも治療は可能です

ご病身になられておられる方や病気になりやすい方やご病気の方でも東洋医学の治療は可能です。東洋の森では、体の不調を治療いたしますので、当然免疫力は高まりますし、体力もつきます。効果は必ず実感していただけると自負しております。
病院・医師にかかりながら、東洋の森で治療することも可能です。患者様それぞれの治療をしていきますので、ご相談ください。

東洋の森の治療はここが違います

鍼灸の適応

一般に、鍼灸療法は肩こり,腰痛、神経痛、関節炎ぐらいにしか効果が無いように思われがちですが、多くのつらい症状や病気に効果があります。
最近、NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効であると発表しました。
WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気には、次ぎのものを挙げています。

神経系疾患

神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

運動器系疾患

関節炎・リウマチ頚肩腕症候群頚椎捻挫後遺症五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

循環器系疾患

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

呼吸器系疾患

気管支炎・喘息・風邪および予防

消化器系疾患

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・
肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

代謝内分秘系疾患

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

生殖・泌尿器系疾患

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

婦人科系疾患

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

耳鼻咽喉科系疾患

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

眼科系疾患

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

小児科疾患

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

上記疾患のうち「神経痛リウマチ頚肩腕症候群頚椎捻挫後遺症五十肩腰痛」は、わが国においては、鍼灸の健康保険の適用が認められています。健康保険の手続きについては、御相談ください。

不妊治療

不妊治療

美容鍼灸

美容鍼灸

治療について

治療について

在宅鍼灸医療

在宅鍼灸医療

小児鍼灸

小児鍼灸

ページトップへ