東洋の森ブログ

2019年3月23日

カテゴリブログ

多嚢胞性卵巣症候群が妊娠に及ぼす影響

東洋の森ロゴマーク

PCOSが妊娠に及ぼす影響について

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)は以下のような妊娠への影響があります。

●妊娠前
肥満や耐糖能異常を有する患者は高インスリン血症を認めたり、副腎からのアンドロゲン産生がさらに亢進、つまり卵胞の発育と排卵の抑制がかかってしまう等、全身の内分泌異常の悪循環をもたらします。

さらに長期無月経の場合、子宮内膜のエストロゲン過剰により子宮内膜ポリープが生じやすく、着床障害となることがある。また、排卵障害に起因する黄体機能不全を合併することも多い。

●妊娠後
PCOSの女性は妊娠後の流産率が20~40%と高く、内分泌異常に起因すると考えられている。
妊娠中の合併症として、妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群、早産による帝王切開率の増加などが報告されています。

『不妊症・不育症治療』メディカルビュー社より引用

鍼灸師 木村

2019年3月18日

カテゴリブログ, 漢方薬店からお知らせ

花粉症の目の痒み

東洋の森ロゴマーク

目の痒みは花粉症⁉️

 

近年、黄砂やPM2.5の影響で

目の痒み・喉の違和感にお困りな患者様が増えました。

 

一昔前まで、よく効いていた

小青竜湯や麻黄附子細子湯などが効き難い方が増えています。

 

目の痒み・喉の違和感の漢方薬揃えています

2019年3月3日

カテゴリブログ

運動と妊娠率の関係

東洋の森ロゴマーク

運動がどの様に妊娠率と関係するのでしょうか?

運動習慣のある20~30歳代の女性は10%!

厚生労働省の調査では1回30分以上の運動を週2回以上、1年以上継続している

運動習慣のある20歳代、30歳代の女性は10%に過ぎず、

40代でも13%にとどまり、ここ数年減少傾向にあります。

運動不足はいけませんが、毎日激しい運動や完全に消耗してしまうくらいの過度な運動も不妊のリスクが高いことが報告されています。

過度な運動はエネルギーを消耗させるため、本人の生命活動を維持するのに精一杯になってしまい

妊娠や出産のための余裕がなくなってしまう可能性が考えられます。

ですが、激しい運動による妊孕能の低下は、運動強度を弱めるとすぐに回復することも同時に報告されています。

穏やかな運動時間が長くなればなるほど、妊娠までの期間が短くなり

激しい運動時間が長くなればなるほど、妊娠までの期間が長くなうことが分かっています。

【穏やかな運動例】

ウォーキング・ゆっくりとしたサイクリング・ゴルフ・ガーデニング

【激しい運動例】

ランニング・スピードを意識したサイクリング・エアロビクス・水泳

ホットヨガは、激しくとは思わないと思うかもしれませんが、無理矢理発汗させすぎる事は体力を奪い体を冷やす事があるのでおススメしません。

【肥満女性は例外】

肥満女性ぼ場合(BMI25肥満女性ぼ場合(BMI25)には穏やかな運動でも、激しい運動でもどちらでも妊娠しやすくなることが明らかになっています。

男性の場合

運動習慣のある男性は、運動しない男性に比べて、性機能が高く、勃起障害(ED)になるリスクも低いことが報告されています。

カップルそろっての穏やかな運動習慣で妊娠率アップも十分に考えられますね。

鍼灸師 木成

 

出典『不妊症・不育症治療』メジカルビュー社

2019年3月1日

カテゴリブログ

体重と妊娠率の関係

東洋の森ロゴマーク

今回は体重が不妊に及ぼす影響について、話をさせて頂きます。

まずはBMIという数値をご存知でしょうか?BMIは体重、体格指数の事で自身の体重が標準なのか太り過ぎなのかやせ過ぎなのかが分かります。

BMI=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)}

18.5以上25未満が正常範囲であり、それ以下では「やせ」、それ以上で「肥満」となります。

BMIは低くても高くても、妊娠率・生産率は低下し、流産率は上昇します。これは女性に限らず男性にも当てはまります。

①肥満
卵巣機能不全、卵巣刺激への反応不良、卵子の質が低下、子宮内膜の機能低下などの影響があります。また、妊娠に伴う合併症が母児共に増加します。

②やせ
多くの場合、栄養失調も伴うため、卵巣機能不全や卵子の質の低下が危惧される。妊娠した場合も、低出生体重児が生まれる可能性が高くなり、児の将来の生活習慣病の増加も心配されます。
米国の疫学調査では、BMIの値のうち不妊症のリスクが低くなる範囲は20~24、最も理想的な値は21と出ています。

体重だけでなく体脂肪(適正体脂肪率は19~28%)も測定してみましょう。妊娠しやすい体づくりを心掛けて下さいね。

 

鍼灸師 木村

出典『不妊症、不育症治療』メジカルビュー社

ページトップへ