東洋の森ブログ

2019年10月15日

カテゴリブログ

胞状奇胎と東洋医学アプローチ

東洋の森ロゴマーク

胞状奇胎とは、授精時の精子と卵子の異常によっておこり、卵子の核がなくなり、精子の核のみから発生する全胞状奇胎と、精子2つと卵子1つが受精部分胞状奇胎とに分類されます。いづれも異常妊娠になります。

発生機序は不明です。
再び、胞状奇胎になる確率は2%と低いと言われています。

再び胞状奇胎になる確率は低いが、再びなる方もおられます。

顕微授精で1つの卵子に2つの精子が入り込む部分胞状奇胎は防げます。

これは、女性の卵子の膜が弱い可能性があります。

発生学的にみると、卵子は東洋医学の「脾」と関係しております。

「脾」は脾臓の働きだけでなく、広義の意味も含みます。

食べ物を消化吸収し、体の力を取り込むのも「脾」になります。

バランス良くしっかりと食事を取っていても、「脾」の作用が弱いと

吸収率が悪くなり、体のエネルギーが不足してきます。

この状態では、細胞一つ一つに栄養が行き渡らない「気虚」

と呼ばれる状態になり、ミトコンドリアも活性化できません。

顕微受精で受精の問題はクリアできても、育つ胚盤胞には成長し難いです。

 

一度でも胞状奇胎になられた方は、体質改善をお勧めします。

2019年10月15日

カテゴリブログ

不妊鍼灸説明会

東洋の森ロゴマーク

不妊鍼灸説明会
御妊娠された基礎体温や、妊娠初期の危ない基礎体温
子宮腺筋症、子宮内膜症、卵巣嚢胞、卵胞発育不全からの御妊娠を解説

日時2019年11月2日
受付開始 12時15分
開始12時30分
所要時間30分 その後個別の質問タイムを設けます

場所当院にて

参加費無料

残り4名

予約方法
メール又はご来院時に受付にてお願いいたします

2019年10月12日

カテゴリブログ

子宮内膜増殖症からの御妊娠

東洋の森ロゴマーク

当院の症例

子宮内膜増殖からの御妊娠

一般の方は聞き慣れない病名かと思います。

女性のホルモンは、フィードバック機能があり

月経が始まってからエストロゲンの作用が強くなり卵胞発育・子宮内膜の肥厚が進みます。

ホルモンの血中濃度が高くなると、ネガティブフィードバック(抑制)がかかり

内膜の肥厚が抑制されます。

エストロゲンの増加スピードはがん細胞と同類だと言われている程

パワーがあります。

この抑制機能が少し狂うと、内膜が正常な厚さから逸脱します。

子宮内膜増殖が止まらないと細胞が癌化しますので

掻爬手術を行なって内膜組織を切除しないといけません。

掻爬手術を何回も繰り返すと子宮のダメージが残ります。

 

東洋医学の見解では、

子宮内膜増殖症は瘀血や痰濁が停滞した結果と診ますので

不妊鍼灸+不妊漢方には治則があります。

不妊治療タイミング、人工授精、体外授精いづれのステージでも

改善が必要です。

11月2日の不妊治療説明会でもこの症例は取り上げさせて頂く予定です。

院長 足立

 

2019年10月11日

カテゴリブログ

子宮内膜検査最前線

東洋の森ロゴマーク

不妊治療専門病院で行われている検査最前線

ERA(子宮内膜着床検査)子宮内膜組織を採取し、移植の最適な着床時期を調べる

EMMA(子宮内膜マイクルバイオーム検査)子宮内フローラを分析

ALICE(感染症慢性子宮内膜炎)

10種類に病原菌を調べ、原因菌を特定し最適な抗生剤を選定

 

東洋医学でも上記に対してアプローチをしております。

子宮内膜症、子宮内フローラ失調、卵巣嚢腫の方の移植周期に合わせて

治則 解毒活血、除湿清熱、

子宮内浄化、着床促進の為移植前の1〜3周期に集中的に合わせます。

 

詳しくは、不妊鍼灸説明会で説明いたします。

 

院長 足立

 

 

2019年9月29日

カテゴリブログ

不妊症 鍼灸×漢方相乗効果

東洋医療と一括りに捉えがちですが、

本来は漢方(湯液)×鍼灸の二つを合わせて東洋医学と呼びます。

【漢方は、体の体力を回復させる事が得意】

【鍼灸は、局所の血流を改善する事が得意】

漢方のみで血流改善も、もちろん可能です。

鍼灸のみで体力回復も、もちろん可能です。

しかし、それぞれの得意分野を掛け合わせた方が効果も高いし費用も抑えられます。

当院に来られる患者様で、他の薬局さんで月4万円以上かかっておられる方でも鍼灸を組み合わせる事で、効果を更に上げながら費用を抑える事ができます。

 

鍼灸は、日本伝統鍼灸を継承しております。

鍼灸は、聖徳太子の頃に漢方と一緒に伝来しました。

日本人には、針よりも灸による治療の方が体質的に合っていたので、それから灸を主体とした鍼灸になりました。

戦国時代に、日本伝統鍼灸と漢方の概念を体系化された曲直瀬道三先生は数々の武将を治療した事が有名です。

当院の鍼灸は、この曲直瀬道三先生の脈診の技法を伝承しております。

江戸時代に、不妊症で悩む女性に灸治療を盛んに行われていた事が医学書「婦人寿草」に治療方法が記載されています。

東洋の森では以下の不妊症に対応しています

・悪いところが見つからない不妊症

・免疫性不妊

・膠原病からの妊活

・卵胞が育たない方

・早発閉経

・子宮内膜増殖症

・卵巣嚢胞、チョコレート嚢胞

・子宮内膜症、子宮線筋症

・40歳から妊活、45歳妊活

ページトップへ