東洋の森ブログ

2019年7月1日

カテゴリご妊娠, ブログ

子宮内膜増殖症からのご妊娠

東洋の森ロゴマーク

子宮内膜増殖症からのご妊娠

聞きなれない疾患の方もいらっしゃるので少し解説させて頂きます。

子宮の内膜は、卵胞が育つに従ってエストロゲンの作用で内膜が厚くなってきます。

月経後卵胞の育ちが悪く不正出血になるのは、子宮内膜増殖症ではありません。これは、卵胞の育ちがわるく、内膜が厚くならないので不正出血になっています。

通常排卵後は、ネガティブフィードバックが起こりエストロゲンの作用にブレーキがかかるシステムになっています。

 

子宮内膜増殖症は、このブレーキ作用の働きが何かの原因で

起こらず、内膜が増殖するという病気です。

月経でしっかりと内膜が剥がれ落ちるといいですが、

内膜が厚いまま次の月経を迎えてそれがつづくと掻爬手術が必要となります。

子宮内膜細胞に異型があると癌化するリスクが高いと言われています。

東洋医学では、細胞の変形には瘀血(血流の滞り)があると捉えます。

当院に来られたこの患者様には、2年の月日を経てご妊娠されたのですが、かなりの期間全身の血流と子宮の血流改善に特化して

鍼灸+漢方薬を行いました。

顕著な反応として、月経時の頭痛腹痛が少なくなってくると

病院の内膜の病理検査で陰性になりました。

その後基礎体温が整ってから移植をされ見事、妊娠となりました。

使用した漢方薬は、

亀鹿仙、水快宝、瀉火補腎丸、シベリア霊芝

です。

ご妊娠中も流産防止のために

シベリア霊芝、田七人参茶

を服用していただいております。

出産までしっかりとサポートさせて頂きます。

 

2019年6月27日

カテゴリブログ

7月不妊鍼灸説明会

東洋の森ロゴマーク

7月不妊鍼灸漢方説明会

日時

2019年7月20日土曜日

12時30分受付 所用時間30分  個別相談15分

参加費無料

満席となりました。

只今キャンセル待ちの状態です。

多嚢胞性卵巣症候群、子宮腺筋症、子宮内膜症、チョコレート嚢胞、43歳からの不妊治療

等の疾患を持ちながらご妊娠された基礎体温を参考にお身体の解説をさせて頂きます。

2019年5月5日

カテゴリブログ

妊娠力低下を防ぐ

東洋の森ロゴマーク

妊娠力低下を防ぐ不妊鍼灸・不妊漢方・養生法

前回の続き

②「気の不足」タイプ
体内の「気」は、活動のエネルギー源の事です。気が充実していれば、体にエネルギーが行き渡り、子宮や卵巣の働きも良くなる為、妊娠しやすい体質を保つことが出来ます。
年齢を重ねるとエネルギーは不足しがちに。すると子宮や卵巣の機能も低下し、妊娠力が落ちてしまいます。

★気になる症状
疲労感、息切れ、風邪を引きやすい、顔色が白い、痩せている、食欲不振、冷え、軟便、下が大きく舌苔が白い

★養生のポイント
気は食事の栄養を元に生み出される為、「脾胃(胃腸)」の元気を保ち、食生活を整えることが大切。年齢と共に食が細くなったり、多忙で偏った食事が続くなどありますが、体の元気は妊娠力の基本。毎日しっかり栄養を摂ることを心がけて下さい。

★食養生
大豆製品(納豆、豆腐など)、インゲン豆、茸類、にんじん、じゃがいも、里芋、りんごなど

★よく使われる漢方
イスクラ補中丸、イスクラ健脾散エキス顆粒、イスクラ健胃顆粒など

次回は「血不足」タイプについてお話します。

 

鍼灸師 木村

2019年4月30日

カテゴリブログ, 不妊症, 不妊鍼灸, 漢方薬店からお知らせ

妊娠力低下を防ぐ不妊鍼灸と養生法

東洋の森ロゴマーク

加齢によって起こりやすい「虚証」という、体に必要なものが不足したり、働きが弱くなったりする状態を改善して、妊娠力低下を防ぐ不妊鍼灸・不妊漢方の養生法をご案内します。

①「腎の虚証」タイプ
子宮や卵巣の働きは五臓の「腎」が蓄える生命エネルギーの源である「精」によって支えられています。この「腎精」が充実していると子宮や卵巣の働きも良く、排卵も安定する為、妊娠しやすい体が保たれます。

★気になる症状
月経不順、排卵障害、腰痛、腰がだるい、めまい、耳鳴り、冷え、若白髪、抜け毛、頻尿、舌の色が淡く舌苔が白い

★養生のポイント
まずはしっかり栄養をとる。過労や睡眠不足などに注意して、腎精の過剰な消耗を防ぐことが大切です。腎は冷えに弱いので、身体を温めることも心がけて下さい。

★食養生
くるみ、黒豆、黒ごま、松の実、くこのみ、山芋、もち米、羊肉、鹿肉、えび、うなぎ、シナモン、紅茶など

★よく使われる不妊漢方・不妊鍼灸
イスクラ杞菊地黄丸、イスクラ八仙丸、イスクラ参馬補腎丸、イスクラ参茸補血丸など

次回は「気の不足」タイプについてお話します。

 

鍼灸師 木村

2019年4月21日

カテゴリブログ

男性不妊について

東洋の森ロゴマーク

精液検査に正常値という概念がない⁈

WHOが発表した世界的な統計でーたによると、現在、不妊カップルの48%は男性側に原因因子を有しているとされています。
一般臨床で用いられているのは2010年にWHOが発表した基準値で、精子濃度は1500万/ml、運動率は40%というものですが、妊娠を保証する数値ではありません。

また、精液初見はさまざまな要因で、数値が変わります。一度悪かったからといって、この先、必ず精液初見が悪いとはかぎりません。精液所見が悪かった場合は、複数回の検査を行うことが、勧奨されます。

精子が少ない場合は内服治療(ビタミン剤、漢方製剤、サプリメント)などで改善することもあります。

乏精子無力症に、対する薬物療法については内分泌療法と非内分泌療法に分けられる。一般に、ビタミン剤や漢方製剤を用いた非内分泌療法が先行される。

●非内分泌療法の有効性

・ビタミンB12 1500〜3000μg/日 有効性35〜80%

・ビタミンE 150〜300mg/日 有効性50〜70%

当院では、様々なご体質に合わせた漢方薬をご用意しております。

舌の裏に静脈が見える血流ドロドロタイプの方、肥満型のタイプの方、ストレスがかかると胃腸に影響するタイプで精子の運動率が低下しているタイプは

病院で処方される補中益気湯や、八味地黄丸ではなかなか効果が出ないタイプです。

 

この血流ドロドロタイプの方、肥満型、ストレスですぐに胃腸にくるタイプの方でお困りの方はご連絡お待ちしております。

無料遠隔相談、Skype相談は随時受け付けております。

お問い合わせは

info@to-you-no-mori.jpまで

出典 『データから考える不妊症・不育症治療希望に答える専門外来の診療指針』
編集 竹田 省   田中 温  黒田恵司

主任 木成

ページトップへ