東洋の森ブログ

2019年4月30日

カテゴリブログ, 不妊症, 不妊鍼灸, 漢方薬店からお知らせ

妊娠力低下を防ぐ不妊鍼灸と養生法

東洋の森ロゴマーク

加齢によって起こりやすい「虚証」という、体に必要なものが不足したり、働きが弱くなったりする状態を改善して、妊娠力低下を防ぐ不妊鍼灸・不妊漢方の養生法をご案内します。

①「腎の虚証」タイプ
子宮や卵巣の働きは五臓の「腎」が蓄える生命エネルギーの源である「精」によって支えられています。この「腎精」が充実していると子宮や卵巣の働きも良く、排卵も安定する為、妊娠しやすい体が保たれます。

★気になる症状
月経不順、排卵障害、腰痛、腰がだるい、めまい、耳鳴り、冷え、若白髪、抜け毛、頻尿、舌の色が淡く舌苔が白い

★養生のポイント
まずはしっかり栄養をとる。過労や睡眠不足などに注意して、腎精の過剰な消耗を防ぐことが大切です。腎は冷えに弱いので、身体を温めることも心がけて下さい。

★食養生
くるみ、黒豆、黒ごま、松の実、くこのみ、山芋、もち米、羊肉、鹿肉、えび、うなぎ、シナモン、紅茶など

★よく使われる不妊漢方・不妊鍼灸
イスクラ杞菊地黄丸、イスクラ八仙丸、イスクラ参馬補腎丸、イスクラ参茸補血丸など

次回は「気の不足」タイプについてお話します。

 

鍼灸師 木村

2019年4月14日

カテゴリブログ, 不妊症

妊娠率の最も高いタイミング法は?

東洋の森ロゴマーク

妊娠率の最も高いタイミングは?

タイミング法について

自然周期では最大卵胞径が18㎜を超えると、卵胞一つにつき血中エストラジオール値E2は270〜300pg/mlは上がっていないと良質な卵胞とは言えません。

E2は分かりやすく言うと、卵巣の力だと思って下さい。

質のいい卵巣を育てるのに、E2が270〜300pg/mlくらい欲しいと言う事です。

経膣超音波検査による卵胞発育の確認、血中あるいは尿中黄体化ホルモン(LH)でLHサージの有無を確認し、

エストラジオール値E2や基礎体温などを用いて排卵日を予測し、性交のタイミングを合わせる方法です。

正常妊孕能女性のタイミング法1周期あたりの妊娠率は17~20%です。

不妊症女性ではタイミング法で妊娠した症例の64%が6周期以内の妊娠でした。
タイミグ法における性交のタイミングは、排卵1~2日前が最も妊娠率が高く、排卵当日までに3回以上行うことが指導されています。

妊娠の可能性のある排卵5日前から、排卵当日までに、3回以上性交すると妊娠率が高くなることが分かっています。

排卵の6日以前もしくは排卵1日後には可能性がありません。
一般的に受精能力があるのは、卵子は排卵後約24時間、精子は女性の生殖器内に入って48時間までとされています。

そのため女性の排卵周期、子宮内に精子が入るタイミングを考慮することが重要です。
AIHの場合には排卵前日から当日に行うことが望ましいとされています。

出典 『データから考える不妊症・不育症治療希望に答える専門外来の診療指針』
編集 竹田 省 田中 温 黒田恵司

発行者 三澤 岳

主任鍼灸師 木成

2018年11月24日

カテゴリご妊娠, ブログ, 不妊症

11月2人目の御妊娠

東洋の森ロゴマーク

ご妊娠おめでとうございます。

36才女性 自然妊娠

不妊鍼灸通院歴3か月

漢方薬

逍遥丸

体外授精も御経験されましたが、自然での御妊娠でした。

おめでとうございます。

院長 足立

2018年11月17日

カテゴリご妊娠, 不妊症, 基礎体温

11月一人目の御妊娠

東洋の森ロゴマーク

嬉しいご報告が届きました。

11月お一人目の御妊娠の報告を頂きました。

年齢40代

体外授精にての御妊娠

 

不妊鍼灸期間一年

漢方薬

婦宝当帰膠B、補中丸

 

御妊娠おめでとうございます。

 

 

 

 

2018年11月6日

カテゴリご妊娠, ブログ, 不妊症, 院内こぼれ話

院内こぼれ話①

足立院長と、原主任の対談①

足立

「10月は、御妊娠された方が月の最高

6人でしたね。原先生?」

「そうですね。30代の自然妊娠や、

人工授精の方の御妊娠が特徴的でした」

足立

「不妊体質の方に漢方薬と、

鍼灸の周期療法がとても良く効果をあげました。

今月は、多嚢胞性卵胞症候群の方がきちんと

排卵できる体になると、結果に結びつくのが

早いと感じました。」

「病院でゴナドトロピン(hMG-hCG)療法をされて

おられる患者様にも有効でしたね。

多嚢胞性卵胞症候群は、水毒を解消しないと

なかなか難しいと感じております。」

足立

「そうです。日本人は、欧米人の様な

太っている、毛深いなどの多嚢胞ではなく、

痩せ気味の水毒タイプが多いです。

その為体の力を補う補腎薬と水毒を解消する

漢方薬が必要になります。」

「欧米人の体質と日本人の体質が違うんですね。

欧米では針が主流ですが、日本では聖徳太子の時代から灸が行われてきました。

日本人に合った治療で効果を高めていきたいですね」

足立

「そうですね。頑張っていきましょう!」

続く

 

ページトップへ