東洋の森ブログ

2019年2月27日

カテゴリブログ

多嚢胞性卵胞症候群は「肥満」「毛深い」ウソor本当

東洋の森ロゴマーク

多嚢胞性卵胞症候群は「肥満」「毛深い」ウソor本当?

 

多嚢胞性卵胞症候群(PCOS)の月経異常は初潮時から発症しその後も持続することがあります。

女性において、男性ホルモンの過剰により男性化兆候を示す状態をアンドロゲン過剰症状いう。

アンドロゲン過剰症状になると、血中のテストステロン濃度の高値を示し、多毛・低声音が見られるようになります。

 

日本人を含む東アジアでは多毛の程度が軽度であることが分かっていまので

PCOSを疑う初見で必ずしも多毛になるとは限りません。

 

肥満につきましても、日本と海外のBMIの基準が異なります。

日本では25㎏/㎡異常が肥満と診断されます。

現在日本では、PCOSの患者様の26%が肥満を伴い、74%が肥満でないことが分かっています。

 

一方、海外では、肥満を伴うPCOSが多い。

日本の非肥満のPCOSはインスリン抵抗性の関与が少ないなど欧米のPCOSとは異なる病態を示しています。

出典『基礎からわかる女性内分泌』聖路加国際病院百枝幹雄 診断と治療社

 

院長 足立

 

 

2019年2月22日

カテゴリブログ

基礎体温はしっかりつけられていますか

東洋の森ロゴマーク

基礎体温はしっかり付けられていますか?

東洋の森では不妊治療の際に、基礎体温表をご持参頂き、治療内容の指標のひとつにしております。

今回はそんな基礎体温の測り方についておさらいしてみようと思います。

①起きたらすぐに測る
起き上がらずに寝たままの状態で測ります。枕元に置いておきましょう。

②少し時間がずれても構いません

基礎体温は、体の基礎体温を見るものです。
一時間くらいの誤差は大丈夫です。
気楽に測りましょう。

③最低でも6時間以上は寝ましょう。
 それ以下の場合は正確な基礎体温が測れません。

④記入するのは体温だけじゃない。
体温だけでなく、月経の期間(色、量、塊の有無)、腹痛、不正出血、おりもの多い日、セックスした日、風邪引いた日、不妊治療の方はホルモン内服薬、注射をした日等も記載しておく。

基礎体温は月経周期だけでなく、排卵の有無やホルモンバランス、卵胞の状態、妊娠の有無、タイミング指導の指標にもなります。もちろん病気によっても変わります。

なるべく毎日付けたいものですが、気にしすぎてストレスになるのもいけません。自分の体調を測る手段として無理せず付けていきましょうね。

他の記事でも基礎体温表について書いていますので、そちらもぜひ読んでみて下さいね。

鍼灸師 木村

2019年2月20日

カテゴリブログ

AMH低い≠自然妊娠無理ではありません

東洋の森ロゴマーク

AMHが低い

自然妊娠無理ではありません。

 

当院では20台でAMH1未満で自然妊娠された患者様がおられます。

AMHとは?妊娠力と関係ない?

AMHとは、坑ミューラー管ホルモンを意味します。以下AMHと表記します。

AMHは前胞状卵胞と小胞状卵胞の顆粒膜細胞から分泌されるホルモンです。

 

卵巣内に残されている卵子の数の目安になります。

月経周期の中で、変動が少なく、卵巣の機能を知る上での指標となります。

加齢とともに減少しますが、個人差があります。

卵巣嚢腫、チョコレート嚢胞などで卵巣の手術を受けた女性、

癌のために化学療法・放射線療法を受けた女性はAMHは低くなる傾向にあります。

多嚢胞性卵胞症候群の方はAMHは高くなることが多いです。

 

AMHは

採卵できる卵子の数と関係が深いですが、卵子の質を示すものではなく、

体外受精の受精率妊娠率が分かるものではありません。

 

『不妊治療体外授精のすすめ』南山堂 成田収著より引用

 

AMHが低いからと言って、体外授精しかないと思い込むのは間違いです。

しっかりと基礎体温を整えて、いい卵子を育てれば妊娠力は上がるのです。

 

院長 足立

 

 

 

 

2019年2月17日

カテゴリブログ

何歳まで妊娠可能か

東洋の森ロゴマーク

東洋の森では、最年長ご妊娠の症例として

47才(自然妊娠)された患者様がおられます。
妊娠に大切な3つの力が備われば、

40歳以降でも御妊娠は十分可能です。

 

一番大切なことは、基礎体温を整える事。

基礎体温安定に必要な3つの力

「補腎」「養血」「活血」

 

その1「補腎」とは?

「補腎」とは、体の根本の力である「腎」の力を「補う」とイメージしてください。

少し難しいので、基礎体温と合わせて解説したいと思います。

まず、月経が始まってから排卵が起こるまでの時期の事を低温期といいます。

低温期の間は体温をしっかりと下げることが大切です。

低温期を下げるには体の根本の力である「腎」の力が重要になります。

腎の力の中でも体の熱を、コントロールする「腎陰」の力が必要です。

これが低下してくると、のぼせてきます。

「腎陰」が不足すると、更年期のホットフラッシュのような状態が起こることもあります。

次に、高温期についてですが、

高温期とは排卵後、黄体ホルモンが分泌され体温が上昇している時期のことをいいます。
高温期では、体温をしっかりと維持する事が大切です。

高温期には「腎」の力の中でも体を温める「腎陽」の力が必要です。

これが低下してくると、手足が冷えて高温期が維持できません。

これらを総称して、「補腎」の力と呼びます。
次回は、「養血」について

主任 鍼灸師 木成

 

2019年2月16日

カテゴリブログ

抗精子抗体には⁈

東洋の森ロゴマーク

抗精子抗体には⁉️

免疫と不妊治療〜その2〜

不妊の原因にもなる「抗精子抗体」についてお話させて頂きます。

抗精子抗体は、その名の通り精子に対する抗体です。

女性の血液中や子宮頸管粘液、卵管分泌液に認められることがあり、

女性が抗精子抗体を持っていると、精子の子宮頸管から子宮腔、卵管への上昇が阻害されます。

抗精子抗体が陽性であると、排卵期にタイミングを取っても、子宮に入った精子が攻撃を受け、卵子まで辿り着くことが出来ずに受精が行え無いということです。

抗精子抗体は5~6%の男性にも、自分の精子に対する抗精子抗体を認めます。

自分の精子の運動率や受精機能の低下が起こり、この場合も不妊の原因になります。

近年では、抗精子抗体が陽性の場合、人工授精や体外受精に移行することになります。

この反応自体は、自身以外のものに対して起こる体の免疫反応であり、抗精子抗体のある方は精子に対して強く免疫反応を起こしてしまうのです。

東洋の森では、抗精子抗体が陽性の方に対してアレルギー反応を抑えるように、

お灸や鍼、漢方を使い体質改善行なっています😌

気になる方は無料相談等も行っておりますので、

お気軽にホームページにてご予約下さい。🍀👩🏻‍⚕️🏥

 

出典『体外受精のすすめ』

医療法人成田育成会理事長 成田収著

鍼灸師 木村

 

ページトップへ