東洋の森ブログ

2017年9月4日

カテゴリ漢方薬店からお知らせ

癌の抗がん剤の副作用①

当院の患者様で長年診させていただいています患者様です。

数週間前より抗がん剤の作用が強い薬に変わり体調が悪化。

これはおそらく薬が効いてきているのでしょうけれども

日常生活に支障が出るほど辛いご様子。

抗ガン剤は癌を小さくしたり、抑制したりするお薬です。

 

強い作用がある反面どうしても体に副作用が出ます。

 

その局面で、漢方や鍼灸を考えていただくのも一つの手段です。

 

漢方や鍼灸では癌は治りません。

しかし、「体力を回復させる」「吐き気を少なくする」「食欲を出す」

という事ができます。

 

これは患者様にとってみれば大変嬉しい事です。

食べられる事で、体力が回復し、次の抗がん剤の治療を頑張ろうという気持ちが湧いてきます。

 

次は癌患者様の舌に注目してお伝え致します。

 

院長 足立

ページトップへ