東洋の森ブログ

2017年4月24日

カテゴリ漢方薬店からお知らせ

月刊誌『和漢薬』その①

先日届きましたけ内田和漢薬さんから

月刊誌『和漢薬』が届きました。

 

非常に興味深い内容ばかりで大変楽しく拝見致しました。

私が尊敬しております戦国時代に御活躍されました漢方医、曲直瀬道三先生と織田信長、徳川家康のくだりを面白く拝見いたしました。

当時の信長は一番血気盛んで、破竹の勢いがございましたが、体調に気をつけている事が会話から読み取れます。

道三先生は、信長の脈、舌、腹部の硬結から肝の気が高ぶっている(分かりやすく説明しますと交感神経の過緊張になります)のを察知し、戦が近い事を予知された様です。そして肝の気が伸びやかになる様に抑肝散を処方されたそうです。

また、いつも健康な顔色をしている武将に秘訣を問いただし、お灸を毎日百会にしている会話かありました。

百会もまた、交感神経の過緊張を緩める働きがあります。

 

患者様のお身体や生活環境を察知し、体の変調が出る前に整えられる様務めたいものです。

 

漢方薬店東洋の森

管理者  足立

ページトップへ