東洋の森ブログ

2019年7月28日

カテゴリブログ

アトピー性皮膚炎と鍼灸×漢方

アトピー性皮膚炎と鍼灸・漢方薬アプローチ

ステロイドから離脱して、完治を目指す

 

1歳までの乳幼児アトピー性皮膚炎

基本的にスキンケアと小児針(刺さない針)になります。

生薬が配合された物でスキンケアをして、痒みのコントロールをします。赤味が引いてきた段階で、とセラミドが入った皮膚バリアを回復させる保湿成分をお渡しします。

アトピー性皮膚炎の原因は胃腸です。

小児針で胃腸の調子を回復させます。

6ヶ月を過ぎるとアトピー性皮膚炎に移行していきますので

早めの対策が求められます。

刺さない針施術 1000+税

1歳〜就学前のアトピー性皮膚炎

皮膚科に行かれるとステロイド剤が出たのではないでしょうか。

東洋医学では、生薬を少し使いながら皮膚の炎症を取っていきます。

生薬1日目安 100+税

学童期のアトピー性皮膚炎

容姿を気にされる年齢までには、赤みや皮膚の肥厚を改善したいものです。

赤みや痒みが引いてくれば、次は黒くなった皮膚の肥厚を改善していきます。

漢方および生薬 1日500〜700+税 年齢により異なります。

 

遠隔相談・Skype相談・ご来院

オンライン予約はこちら

 

大人アトピー性皮膚炎

急性期・慢性期・回復期の3期に分かれ、ステロイドからの離脱で完治を目指します。

大人アトピー性皮膚炎は、食養生と深く関わっております。

漢方指導のみならず、食養生の指導を行っております。

漢方薬は、1ヶ月分のお渡し可能ですが、1週間ごとに食事の内容をメールして頂きチェックさせて頂きます。

 

急性期

数ヶ月  漢方薬1日目安1000円+税前後

痒み赤みジクジク肌がきつい、又はステロイドからの離脱

慢性期

3ヶ月〜 漢方薬1日目安600円〜800円+税

赤みジクジクが引いた状態。皮膚がカサカサしている。

長年のステロイド剤により皮膚が肥厚している状態。

ステロイドから離脱できている状態。

回復期

漢方薬目安1日500円〜700円+税

痒みは時折残りますが、赤みジクジクが完全になく、ステロイドを塗らなくても再発しない状態。

胃腸の機能を回復させる漢方薬や、血を補う漢方薬により

体の力を回復させ、肌のバリア機能を回復させます。

 

アトピー性皮膚炎は、赤みが引いてから完治するまでに時間がかかります。しかし、一旦完治してしまうと漢方薬を辞めても再発し難くなります。

スベスベ肌を目指して頑張りましょう。

生薬配合のスキンケアも充実しております。

皮膚の色素沈着にも有効です。

 

当院は、患者様に寄り添い一緒に伴走する事で結果を出してきました。

一度ご相談されたい方は、漢方の無料相談を予約してください。

ご予約はこちら

 

ページトップへ